読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DBFlute

DBFlute Hamcrestを利用したDB無しの単体テスト

先日、DBFluteのユニットテストをサポートするDBFlute Hamcrestというライブラリをリリースしました。名前から想像される通り、JUnitなどで利用するHamcrestの、DBFlute用カスタムMatcher(assertThat(a, is(b)) のis()の代わりに使うもの)となっております…

DBFluteをできるだけ簡単に説明してみる

「DBFluteとは何か」と思って調べてみたら「DBFluteの紹介の時点で長すぎっ!!」って思った人向け。 いつも説明に困るのでまとめておく。 DBFluteとは、 データベースアクセスを行うO/Rマッパー。(DBFlute Runtime) データベース周りのかゆいところに手が…

DBFluteで親テーブルをキャッシュから取得するサンプル

DBFlute-0.9.9.1B から、Entityの親テーブルがnullの場合に、代わりとなるインスタンスを返すことができるようになりました。この仕組みを使うことで、頻繁に結合されるテーブル(マスタなど)を、毎回DBアクセスせずにキャッシュから取得させることができま…

DBFluteのぶり対応をカスタマイズ

jfluteさん向けメモ的なエントリ。 DBFluteでぶり対応を有効にすると、Entityに「BuriDef.パッケージ_プロセス_Status getStatus_パッケージ_プロセス()」というメソッドが追加されるけど、メソッドの中で getBuriPathData().getPathName() をしている。この…

DBFlute-0.8.3と0.8.4は使っちゃダメ?

DBFlute-0.8.3(多分)から、自動生成されたコードがmaven(つまり素のJDK)でコンパイルできなくなっている。S2Dao依存を外して独自実装されたところで、Genericsの扱いにやられている模様。質の悪いことにEclipse上ではコンパイルできちゃってるので、コミ…

DBFluteのMS-Access自動生成

DBFlute 0.8.2(?)からMS-Access用の自動生成ができるようになってます。build-project.propertiesのtorque.databaseには「msaccess」を指定します。JDBCの設定(databaseInfoMap.dfprop)はこんな感じで。 map:{ ; driver = sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver…

Oracleのシノニムでカラム名が見えない(続き)

昨日DBFluteでシノニムのカラムが取れないと言った話の続き。 今日やってみたら、SELECT権限しかないテーブルへのシノニムでも、きちんとカラム名が取れました・・・ databaseInfoMap.dfpropのpropertiesMapの指定が間違ってたような。。。 id:jfluteさん、…

Oracleのシノニムでカラム名が見えない

DBFlute 0.7.8からgenerateがDBのシノニム(またはエイリアス)に対応したということなので0.8で試してみたけど、Oracle 10g XEでカラム名がとれませんでした。 project-schema-xxx.xmlにはテーブルがtype="SYNONYM"でてくるので、シノニム自体の取得はでき…

データベースの進化的設計

こないだのSeasar Conferenceでデータベースの進化的設計というのが印象に残ったのでオブラブで公開されてる日本語訳を読んでみた。 自分はDBFluteを使っているので、その観点でまとめ。 DBAは開発者と密接に協力し合う みんな協力してがんばろうというお話…

JiemamyとDBFlute

Seasar Conferenceで一番興味があったのは、データベースの進化的設計を実現するというJiemamyでした。 というのも、いまはDBのスキーマとUT/IT/ST用のデータ管理にDBFluteを使っているのですが、開発時にちょっと嫌な点として、スキーマを変更する度にデー…

Seasar ConferenceとDBFluteユーザーの集いに参加してきました

先日行われたSeasar Conferenceに参加後、DBFluteユーザーの集いに参加してきました。意外と.Net系が多いんだなぁと思ったり、名古屋や九州(!)から参加していることにびっくりしたり、とても楽しい会でした! 主催してくれたjfluteさんに感謝です!! 約…